ホームページ作成に必要な言語

マークアップ言語とプログラミング言語について


ホームページを作成するために必要となる言語にはマークアップ言語とプログラミング言語があります。マークアップ言語はホームページのデザインを決定するためのものです。一方プログラミング言語はコンピュータに様々な指令を与えるために使用されます。マークアップ言語にはHTMLとCSSがあります。ホームページ作りに使用されるプログラミング言語で代表的なのはPHPとJavaScriptです。個人的なブログサイトを作成するのであればマークアップ言語だけでも可能ですが、Eコマースサイトや掲示板サイトなどを作りたい場合にはプログラミング言語が必要になります。またPHPはサーバー側に動作する言語なので、使用するには対応可能なサーバーを選択します。

イメージ通りのホームページを作るには


マークアップ言語はホームページのデザインと関係しています。HTMLファイルで各部の構成を決定したらCSSで配置や大きさ、形状などを決めます。新たに文章や画像、動画などを使用してページを作りたい場合にはHTMLファイルを作成します。ホームページは様々な部分で成り立っています。各部の高さや横幅、背景色の他に、文字のサイズやフォント、色などCSSで細かく決めることができます。CSSは複数のHTMLファイルに適用可能です。HTMLとCSSの雛形を作成すれば、ブログを更新するように新たなページを簡単に作れます。ホームページはCSSで背景色を指定するだけでなく、写真を利用することも可能です。基礎的なマークアップ言語を習得するだけで、誰でもイメージ通りのデザインを作ることができます。

ホームページ作成を初心者が行う場合、作成専用のソフトを使用するとスムーズです。また、作成ツールなどの配布を行なっているサイトもあります。