作りたいホームページをイメージしよう!

アピールツールとしてのホームページ


インターネット上での情報発信の手法としては、ホームページは比較的初期から存在しています。最近ではブログやSNSなど、多くの情報発信方法が広まってきているので、情報の内容や目的に従って最適な方法を選択することができます。 ホームページは初期から存在するといっても、古めかしいものとなったということではありません。ブログやSNSはどちらかというとシンプルな情報発信に適しており、内容や目的が特定の範囲に絞られているときに便利です。 一方、ホームページでは、様々な表現方法を採用することが可能なので、より独自性を出したいときに便利です。その分一から作るのは大変ですが、最近では様々な支援ソフトやテンプレートがあります。

ホームページのデザインイメージ


このようにいろいろな表現方法が採れるホームページなので、作り始めのころには、いろいろな表現方法を盛り込むことに夢中になりがちです。確かに凝った作りにすればするほど独自性は高まりますが、ホームページそのものの独自性に終始してしまい、その内容に関してはぼやけたものになってしまうこともあります。
本来ホームページは、特定の情報などの内容を表現するためのものですから、これでは本末転倒です。そこで、新しくホームページを作成する際には、その初めの段階からデザインイメージを明確にしておくことが大切です。その内容を効果的にアピールするためには、どのような表現方法をとることがよいのか、というように考えていくのです。